PR

ニュース 社会

特殊詐欺容疑で山口組直系組事務所を捜索

 高齢女性からだまし取ったキャッシュカードで現金を盗んだとして大阪府警捜査2課と北堺、四條畷両署が、詐欺や窃盗などの疑いで大阪市東住吉区杭(く)全(また)の会社員、村上由高(よしたか)容疑者(36)を逮捕していたことが30日、同課への取材で分かった。

 同課によると、村上容疑者は、詐欺事件の首謀者で指定暴力団山口組直系「竹中組」に出入りしていたという。同課は盗んだ金の一部が竹中組に流れた疑いがあるとして、30日に同容疑などで、兵庫県姫路市内の竹中組事務所を捜索した。

 村上容疑者の逮捕容疑は、詐欺グループのメンバーらと共謀して平成30年8月30日、兵庫県尼崎市内の70代女性に市職員をかたって「国民健康保険料の還付がある」と電話。「セキュリティーの高いキャッシュカードに交換する」と言って女性からキャッシュカードをだまし取り、大阪市内のコンビニのATM(現金自動預払機)から50万円を引き出したなどとしている。同課は認否を明らかにしていない。

 同課によると、村上容疑者らのグループは昨年8~9月、今回の被害女性を含む47人からキャッシュカード89枚を詐取。約3573万円を引き出した疑いがあり、同課はこれまでに計14人を摘発している。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ