PR

ニュース 社会

うわさ信じ、衣装代払わず 北九州成人式、相次ぎ提訴

北九州市小倉北区の貸衣装店「みやび」店長の池田雅さん=28日
北九州市小倉北区の貸衣装店「みやび」店長の池田雅さん=28日

 派手な衣装の成人式で知られる北九州市で、「衣装代を払わなくてもよい」という誤ったうわさが広まったことから、踏み倒せると信じた新成人の支払い拒否が増え、貸衣装店が相次いで訴訟を起こす事態になっている。店側は「成人のスタートに汚点を残さないで」と呼び掛ける。

 北九州市では近年、一部の新成人が金や銀の羽織はかま、真っ赤な着物といったいでたちで成人式に出席。人気なのは小倉北区の貸衣装店「みやび」だ。今年は、福岡県外用も含めて約800人分を手掛けた。

 ところが、店側によると、6~7年前から不払いが始まった。うわさの出どころは不明だが、一部の客は「先輩も払っていないが問題ないと聞いた」などと話し、支払いを拒否したという。不払いはこれまでに約200件に上る。

 悩んだ店側は、平成29年から弁護士を通じて交渉し、連絡が取れないなどやむを得ない場合に限って裁判で支払いを求めている。提訴したのは今年3月までに約30人、請求額は計約900万円という。小倉簡裁では現在も複数の訴訟が続く。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ