PR

ニュース 社会

児童ら19人刺され2人死亡 自殺の岩崎容疑者、計画的犯行か

川崎市多摩区で複数の人が刺され、騒然とする現場付近=28日午前8時41分
川崎市多摩区で複数の人が刺され、騒然とする現場付近=28日午前8時41分

 28日午前7時40分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の路上で、区内の私立カリタス小学校に向かうスクールバスを待っていた児童の列を男が襲い、児童17人と大人2人の計19人が刃物で刺されるなどした。女子児童1人と別の児童の保護者が死亡し、男は犯行後に自殺。男は川崎市麻生区の岩崎隆一容疑者(51)で、神奈川県警は多摩署に捜査本部を設置し、計画的な襲撃だった可能性が高いとみて殺人容疑で捜査している。容疑が固まり次第、容疑者死亡のまま書類送検する方針。

 県警によると、死亡したのは同小6年の栗林華子さん(11)=東京都多摩市=と外務省職員、小山智史(おやま・さとし)さん(39)=世田谷区。このほか男子児童1人、女子児童15人が重軽傷、保護者の40代女性が重傷を負った。

 目撃情報では、停車したスクールバスの正面から岩崎容疑者が両手に刃物を持って迫り、バス脇に並んでいた児童らを次々に襲った。バスの運転手が制止しようとすると、自分の首を切って倒れたという。身柄の確保後、病院で死亡が確認された。

 現場には包丁のような刃渡り約30センチの刃物2本が落ちており、近くのコンビニエンスストアの敷地内にあった岩崎容疑者のリュックサックからは、さらに刃物2本が見つかった。

 搬送先の病院や川崎市消防局などによると、死亡した2人はいずれも首に深い傷があり、強い殺意で襲われたとみられる。小山さんは首のほかに背中にも複数の傷があり、児童らを守ろうとして背後から襲われた可能性がある。

 カリタス小は、昭和38年に開設されたキリスト教カトリック系の共学校で、児童は約600人。運営する学校法人カリタス学園は幼稚園から高校までの一貫教育を行っている。小学校ではバスが停留所と学校を往復して児童を登校させていた。

 カリタス学園は28日夕、保護者説明会の後に記者会見を開き、斎藤哲郎理事長が「何ともいえない蛮行によって落ち度のない子供たちが被害に遭ったことは怒りのやり場もなく、痛恨の極み。ご冥福を心からお祈りします」と話した。

 現場は、JR南武線と小田急線の登戸駅から西に約200メートルの住宅地。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ