PR

ニュース 社会

無断で印鑑使い自宅にこたつ購入 さいたま市職員、懲戒免職

 さいたま市は28日、上司の印鑑を無断で使い、業務に無関係のこたつや座椅子などを自宅用に購入していたとして、動物愛護ふれあいセンターの業務主任(37)を懲戒免職処分にした。持ち帰った物品は約60万円相当に上る。

 市によると、業務主任は平成28年9月~30年12月、業務に無関係の物を業務用物品とともに購入したり、上司3人の印鑑を無断で書類に押したりして、家具や洗剤などを買ったという。市に「生活費を浮かせるためにやった」と認め、全額弁済した。

 また、市は、業務主任が不正に買った物と知りながら洗剤などを持ち帰ったとして、同センターの別の業務主任(44)も免職処分にした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ