PR

ニュース 社会

ネット中傷発信者側を提訴 埼玉、いじめ不登校元生徒

記者会見する元生徒の母親=28日午後、さいたま市
記者会見する元生徒の母親=28日午後、さいたま市

 埼玉県川口市立中でいじめを受け不登校になった元男子生徒(16)が、インターネット掲示板で実名を挙げられ中傷されたなどとして、書き込んだ側の2人に計約160万円の損害賠償を求める訴訟をさいたま地裁に起こした。提訴は27日付。

 元生徒は平成27年の中学入学後、サッカー部で首を絞められるなどのいじめを受け、28年に不登校になった。掲示板には29年10月ごろから中傷などの書き込みが約2800件相次いだ。

 元生徒側は30年6月、4件の書き込みに関し、プロバイダー3社に発信者情報の開示を求めて提訴。東京地裁は同年12月、この4件をプライバシー侵害と認定し、プロバイダーに情報開示を命じていた。元生徒側は今回、うち3件について提訴した。

 訴状によると、被告側は昨年3月、ネット掲示板に学校名入りの話題を設定、元生徒の実名を挙げて中傷するなどして、プライバシー権を侵害した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ