PR

ニュース 社会

大分で35・0度の猛暑日 各地で5月最高記録

大分県日田市の三隈川で開かれた「日田川開き観光祭」で、大きなおけに乗り競争する参加者=25日午前
大分県日田市の三隈川で開かれた「日田川開き観光祭」で、大きなおけに乗り競争する参加者=25日午前

 高気圧に覆われて晴れた日本列島は25日、各地でことし一番の暑さとなり、気象庁によると大分県竹田市で気温35・0度を観測した。全国で35度以上の猛暑日となったのは今年初めて。札幌市や東京都心、名古屋市、大阪市、福岡市など380を超える地点で30度以上の真夏日となり、各地で5月としては観測史上最高を記録した。

 月曜日の27日にかけ、西日本から北日本では猛暑日となる所があり、気象庁は真夏並みの高温が見込まれるとして、熱中症への注意を呼び掛けている。

 25日は大陸からこの時季としては暖かい空気が流れ込み、午前中から気温が上昇した。5月の観測史上最高気温(タイ含む)を記録したのは山口市や松山市など130地点超。気象庁は35度以上になる所があると予想される福島県や広島県などに、今年初となる「高温注意情報」を発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ