PR

ニュース 社会

NGT48・山口さん暴行事件 運営側が男性ファンらを提訴 新潟地裁

卒業公演に出演したNGT48のメンバー、山口真帆さん=5月18日、新潟市(AKS提供)
卒業公演に出演したNGT48のメンバー、山口真帆さん=5月18日、新潟市(AKS提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の運営会社「AKS」(東京)が、元メンバーの山口真帆さん(23)に対する暴行容疑で逮捕(不起訴処分)された男性ファン2人を相手取り、損害賠償を求めて新潟地裁に提訴したことが24日、分かった。提訴は4月26日付。第1回口頭弁論は7月10日に開かれる予定。

 AKSは3月に新潟市内で開いた記者会見で、2人が第三者委員会の聴取に応じていないことを明らかにした上で、「(事件の)真相を解明するため」として提訴する方針を示していた。

 新潟署によると、2人は昨年12月8日午後9時ごろ、新潟市内の山口さんの自宅マンションの玄関先で、山口さんの顔を手でつかんで押したなどとして、暴行容疑で逮捕された。新潟地検は同月28日、2人を不起訴処分にした。処分理由は明らかにしていない。

 山口さんは今月18日、親しいメンバー2人とともにNGT48を卒業した。事件発覚後、NGT48は本格的な活動が困難になっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ