PR

ニュース 社会

タイの詐欺団、3人逮捕 詐取容疑で警視庁

タイ・バンコク郊外のスワンナプーム国際空港に到着し、警察の護送車から降りる特殊詐欺に関与したとみられる日本人の男(中央)ら=24日(共同)
タイ・バンコク郊外のスワンナプーム国際空港に到着し、警察の護送車から降りる特殊詐欺に関与したとみられる日本人の男(中央)ら=24日(共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 タイ中部パタヤで3月、日本人を狙った特殊詐欺グループの拠点が摘発された事件で、警視庁捜査2課は24日、日本人女性から電子ギフト券(電子マネー)をだまし取ったとして、詐欺の疑いで、日本人の男3人を逮捕した。同課は同日、3人をタイから航空機で日本に移送し、機内で逮捕した。他に12人を別の便で日本に移送し、同日中に逮捕する。

 逮捕されたのは、いずれも住所不定で職業不詳の遠山康隆容疑者(54)、岩本颯(りゅう)容疑者(23)、池原誠二容疑者(33)。同課は、日本へだます電話をかける「かけ子」グループとみている。

 逮捕容疑は3月29日、福井市に住む自営業の50代女性の携帯電話に、大手IT企業の職員を装い、インターネットの有料サイトで料金が未納となっているという嘘のメールを送信。メールを見て電話をかけてきた女性から30万円相当の電子マネーをだまし取ったとしている。

 警察庁の捜査員らが4月にタイに入り、警視庁捜査2課が国内で捜査を進めてきた。同課は都内で2月上旬から3月中旬にかけて8件(計約3千万円)の被害を確認。被害者は全国で200人以上、総額2億円超に上るとみられ、同課は全容解明を進める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ