PR

ニュース 社会

大麻所持で男を逮捕 神奈川県警 逮捕者は前年1・5倍

 大麻を所持したとして、神奈川県警薬物銃器対策課は23日、大麻取締法違反容疑で、同県秦野市鶴巻南の建設作業員、西陰陽介容疑者(37)を逮捕したと発表した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は22日午後10時25分ごろ、自宅でポリ袋2袋に入った乾燥大麻約5グラム(末端価格約2万5千円)を所持したとしている。

 同課によると、大麻取締法違反容疑での逮捕者数は昨年1月から4月末までの間が80人であったのに対し、今年の同期間では120人に増加。うち30歳未満は半数の60人で、未成年も8人含まれていた。

 同課の担当者は「軽い気持ちで手を出すケースも少なくないとみられるが、大麻の所持はれっきとした犯罪。逮捕されるということを理解してもらいたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ