PR

ニュース 社会

ひき逃げ容疑で87歳の福井放送元社長を逮捕 福井

 福井市内で乗用車を運転中に衝突事故を起こし、そのまま逃げたとして、福井県警福井署は23日、道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、福井放送(同市)非常勤取締役最高顧問で元社長の坪田清則容疑者(87)=同市三郎丸=を逮捕した。「何かを踏んだだけだと思った」などと容疑を否認している。

 逮捕容疑は22日午後3時55分ごろ、同市大宮の国道416号の交差点で、右から来た女性会社員(40)の軽ワゴン車と出合い頭に衝突したが、救護などをせずに逃げたとしている。女性は首に軽傷を負った。現場は信号機のある交差点で、坪田容疑者と女性の双方が「信号は青だった」と説明。坪田容疑者は同社から帰宅途中で、逃げた容疑者の車種とナンバーを女性が覚えていた。

 福井放送によると、坪田容疑者は昭和27年に入社し、社長の後、会長も務めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ