PR

ニュース 社会

妻殺害遺棄、夫・義母の初公判 義母は起訴内容を一部否認

弥谷鷹仁容疑者
弥谷鷹仁容疑者
その他の写真を見る(1/2枚)

 昨年7月、千葉県柏市の弥谷(やたに)麻衣子さん=当時(30)=の遺体が茨城県取手市の夫の実家で見つかった事件で、殺人罪などに問われた夫で元銀行員の鷹仁(たかひと)被告(37)と、殺人幇助罪などに問われた義母の恵美被告(64)に対する裁判員裁判の初公判が22日、千葉地裁(岡部豪裁判長)で開かれた。鷹仁被告は起訴内容を認めたが、恵美被告は「殺人の幇助はしていません」と容疑を一部否認した。

 検察側は冒頭陳述で、「恵美被告は(息子の鷹仁被告が)麻衣子さんを殺害するつもりがあることを認識した上で、遺体を埋める穴をともに掘るなど、役立つ行動をしている」と指摘した。

 一方、弁護側は、「恵美被告は、麻衣子さんの殺害に反対したが、鷹仁被告に聞き入れてもらえず、気持ちをなだめるために鷹仁被告の要求に応じた」と殺人幇助については無罪を主張した。鷹仁被告についても、「麻衣子さんは暴力をふるったり、1歳の長女にも危害を加えたりしており、麻衣子さんを殺害するしかないと考えた」と述べ、情状酌量を求めた。

 起訴状によると、鷹仁被告は昨年3月4日、麻衣子さんに睡眠導入剤入りのカレーを食べさせた上で首を絞めて殺害し、取手市の実家の庭に恵美被告とあらかじめ掘った穴に麻衣子さんの遺体を埋めたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ