PR

ニュース 社会

逃走のオートバイと白バイが接触、少年2人軽傷 相模原

 18日午後3時ごろ、相模原市中央区中央2丁目の市道で、同区に住む高校2年の少年(16)が運転するオートバイと、神奈川県警相模原署交通課所属の男性巡査長(38)が運転する白バイが接触。オートバイが転倒し、少年が右足に、同乗していた同区に住む少年(18)が右腕にそれぞれ軽傷を負った。巡査長にけがはなかった。

 同署によると、ナンバープレートが見えない状態で同署近くの国道16号を走行するオートバイを巡査長が発見。サイレンを鳴らしながら停止するよう命じたところ、オートバイは歩道に乗り上げて市道に入り逃走を始めた。

 オートバイがさらに交差点で一時停止を無視して逃走を続けたため、巡査長が右から追い抜いて停止させようとしたところ、蛇行してきたオートバイのハンドル右先端と、白バイの左側に設置されたボックスが接触し、オートバイが転倒したという。

 同署の益淵隆徳副署長は「事実関係を詳細に確認したうえで適切に対処します」とのコメントを発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ