PR

ニュース 社会

池袋暴走の元院長が退院 警視庁が聴取

 東京・池袋で乗用車が暴走し、母子2人が死亡した事故で、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が18日午前、入院していた東京都新宿区内の病院を退院した。飯塚元院長はタクシーで警視庁目白署に向かい、任意で事情聴取を受けた。

 飯塚元院長はこれまでの聴取に「ブレーキを踏んだが利かなかった」などと説明している。警視庁は車の機能検査でアクセルとブレーキに異常はないと判断。運転ミスが原因とみて自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で捜査しており、今後、事故現場に飯塚元院長を立ち会わせて当時の状況を詳しく調べる。

 事故は4月19日に発生。自転車に乗っていた近所の松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡し、飯塚元院長と同乗の妻を含む10人が負傷した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ