PR

ニュース 社会

漁船が支柱衝突6人重軽傷 北海道のサロマ湖

サロマ湖で支柱に衝突した漁船=17日午前、北海道北見市(網走海上保安署提供)
サロマ湖で支柱に衝突した漁船=17日午前、北海道北見市(網走海上保安署提供)

 17日午前6時半ごろ、北海道北見市のサロマ湖で、同市の常呂漁協所属の第5ところ丸(19トン)が湖内にあった支柱に衝突、乗組員6人全員が救急搬送され、機関長の男性(53)が肋骨を折る重傷、ほかの男性5人が打撲などの軽傷を負った。

 網走海上保安署によると、第5ところ丸が衝突したのは、オホーツク海から湖内に流氷が入らないよう設けられた「アイスブーム」のコンクリートの支柱。支柱は複数あり、冬季は支柱の間にロープを張って流氷を防ぎ、養殖施設などを守る。事故当時はロープはなく、支柱は海面から見える状態だった。

 船は17日未明、湖内にある栄浦漁港を出港し、沖合でホタテの稚貝を放流した後、帰港するところだった。当時、波や風は穏やかで視界は良好だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ