PR

ニュース 社会

運動員手配に報酬か 維新大阪市議を聴取

 4月の大阪市議選で、選挙カー運動員を手配する見返りに現金を授受したなどとして男女2人が逮捕された事件で、大阪府警捜査2課が、男に手配を依頼した疑いがあるとして、公職選挙法違反容疑で大阪維新の会の不破忠幸市議(53)=中央区選出=から任意で事情を聴いていることが17日、捜査関係者への取材で分かった。今後、立件に向けて詰めの捜査を進めるとみられる。

 府警は16日、不破市議を当選させるために運動員を手配するよう依頼し、報酬として現金72万円を振り込んだとして、同容疑で選挙コンサル会社経営の山田浩史容疑者(58)を逮捕。現金を受け取ったほか、選挙運動の報酬として運動員7人に1人あたり約4千円の飲食を提供したとして、同容疑で貸倉庫会社代表の吉川美智子容疑者(64)も逮捕した。

 捜査関係者によると、不破市議は山田容疑者に運動員の手配を依頼した疑いが持たれている。

 不破市議は17日朝、取材に対し、捜査を受けていることを認めたうえで、「説明させていただきたいが、今はその段階ではない」などと話した。

 不破市議は近鉄社員を経て、平成27年の市議選で初当選し、現在2期目。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ