PR

ニュース 社会

園児移動路を全国点検 安全確保で国交省

園児死亡事故現場近くの献花台には手を合わせる人の姿も=15日、大津市
園児死亡事故現場近くの献花台には手を合わせる人の姿も=15日、大津市

 保育園児ら16人が死傷した大津市の交通事故を受け、石井啓一国土交通相は17日の記者会見で、園児らが散歩などで移動する経路の安全確保に向け、全国的な点検に着手したと明らかにした。警察や自治体と連携し、過去5年に子どもが重大な被害に遭った交差点や、特徴が似た場所を調べる。

 結果を基に国交省は、ガードレールや車止めの設置といった対策を実施する自治体への支援拡充の検討を進める。

 地方整備局などに13日付で通知した。石井氏は「交通安全の向上に全力で努める」と強調。これとは別に、散歩コースなどに危険が潜んでいないかを効果的に検証する方法について、厚生労働省などと協議する方針だ。

 事故を巡っては越直美大津市長が16日、自民党や関係省庁に対し保育所周辺の安全確保に向けた財政支援を求め、同党の二階俊博幹事長が前向きな姿勢を示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ