PR

ニュース 社会

千葉小4虐待死 母なぎさ被告に懲役2年求刑、判決は6月26日

栗原なぎさ被告の初公判の傍聴券を求め、列を作る人たち=16日、千葉地裁前(永田岳彦撮影)
栗原なぎさ被告の初公判の傍聴券を求め、列を作る人たち=16日、千葉地裁前(永田岳彦撮影)

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が1月に自宅浴室で死亡した虐待事件で、傷害幇助(ほうじょ)罪に問われた母親のなぎさ被告(32)の初公判が16日、千葉地裁(小池健治裁判長)で開かれた。なぎさ被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は懲役2年を求刑し、即日結審。判決は6月26日に言い渡される。

 なぎさ被告は被告人質問で、心愛さんに父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪で起訴=が虐待しているのを「(沖縄県糸満市から)千葉県野田市に引っ越した(平成29年9月)ころから認識していた」とした上で、勇一郎被告の虐待を制止しなかったのは「夫に怒られると思ったから」と述べた。

 30年の年末から今年初めにかけての虐待を止めようと「これ以上やめて。通報する」と言ったが、胸ぐらをつかんで床に押しつけられ、暴行を受けたと自身へのドメスティックバイオレンス(DV)も説明。弁護側は起訴内容を争わないとし「勇一郎被告がなぎさ被告を支配する関係にあった」と述べ、虐待の意思はなかったと主張した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ