PR

ニュース 社会

【小4虐待死母被告人質問】(3完)「旦那に怒られると思い、嘘書かせた」

亡くなった栗原心愛さんの自宅があったマンション=千葉県野田市
亡くなった栗原心愛さんの自宅があったマンション=千葉県野田市

 《千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が死亡した虐待事件で、傷害幇助(ほうじょ)罪に問われた母親のなぎさ被告(32)の初公判は、弁護側の質問が終わり、検察側の質問に移った。証言台に立つなぎさ被告は、両手を震わせている》

 検察側「大丈夫ですか」

 被告「はい」

 検察側「なぜ今、裁判を受けているのかわかる」

 被告「はい」

 検察側「(父親の)勇一郎被告(傷害致死罪などで起訴)の虐待を手助けしていたとわかりますか」

 被告「はい」

 検察側「いつ虐待していたと気がついたのですか」

 被告「千葉に引っ越してすぐのころです」

 検察側「当時、もう次女は生まれていましたね」

 被告「はい」

 検察側「次女への虐待はあったのですか」

 被告「ありませんでした」

 検察側「次女のことは、かわいがっていたということですか」

 被告「はい」

 検察側「心愛さんだけを虐待した理由を、あなたとしてはどう思っていますか」

 被告「(沈黙の後)もう一度お願いします」

 検察側「虐待する方としない方があるのはどうしてだとあなたはどう考える」 《再び沈黙するなぎさ被告》

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ