PR

ニュース 社会

「会議室でも覚醒剤使った」 経産省キャリアを再逮捕

経済産業省の若手職員が会議室で覚せい剤を使用したとされる事件が起きた=東京都千代田区
経済産業省の若手職員が会議室で覚せい剤を使用したとされる事件が起きた=東京都千代田区

 経済産業省のキャリア官僚による覚醒剤密輸事件で、警視庁組織犯罪対策5課は15日、覚醒剤を使用したなどとして覚せい剤取締法違反(輸入、使用)の疑いで、同省製造産業局自動車課課長補佐、西田哲也容疑者(28)=東京都足立区綾瀬=を再逮捕した。

 同課は経産省の西田容疑者の机から注射器6本を押収。西田容疑者は調べに対して容疑を認め、「自宅のほか、職場のトイレや会議室で覚醒剤を使った」と供述している。

 同課によると、西田容疑者は平成27年から精神疾患で医師に処方された向精神薬を服用。より強い効果を求め、今年2月以降、都内で売人から覚醒剤を購入するようになり、安価で入手するため、海外サイトでの購入を思い立ったという。

 逮捕容疑は4月15日、国際郵便を使って覚醒剤約20・6グラム(末端価格約120万円)を密輸したほか、4月中旬から28日までの間に都内などで覚醒剤を使用したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ