PR

ニュース 社会

仕出し弁当食べた千葉、茨城の67人食中毒 ノロ検出

 千葉県は15日、同県富里市の仕出し弁当店「アスティーランチ」で7、8日に調理された弁当を食べた千葉、茨城両県の21~64歳の男女67人がノロウィルスによる食中毒を発症したと発表した。いずれも軽症で快方に向かっている。県は同店を3日間の営業停止にした。

 県衛生指導課によると、9日午後4時ごろ、茨城県から「富里市の弁当店の弁当を7、8日に昼食で食べた複数の人が下痢や嘔吐(おうと)の症状を訴えている」と連絡があった。千葉県の印旛保健所が調べたところ、患者42人と同店の従業員1人から同じ型のノロウィルスを検出。同保健所が同店の弁当による食中毒と断定した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ