PR

ニュース 社会

加重収賄容疑で市職員逮捕 50万円受領か、宮城・登米

 宮城県登米市が執行した工事の入札で設計価格を漏らし落札させ、業者側から現金50万円を受け取ったとして、県警は14日、加重収賄などの疑いで市石越総合支所市民課長、小野寺友生容疑者(56)を、贈賄などの疑いで地元の建設会社社長、鈴木久也容疑者(63)を逮捕。公競売入札妨害の疑いで仙台市の建設会社「セルコホーム」法人営業部長、樋口一春容疑者(51)を逮捕した。

 小野寺容疑者の逮捕容疑は、市営繕課長だった昨年2月15日、登米市が執行した児童館新築工事の条件付き一般競争入札に関し、最低制限価格を算出する基準となる設計価格を教え、最低制限価格と同額で落札させた上、鈴木容疑者から現金50万円を受け取ったとしている。

 樋口容疑者は、鈴木容疑者を通じ設計価格を教えさせ、セルコホームに落札させた疑いが持たれている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ