PR

ニュース 社会

女児「パパに下着下ろされた」 一時保護中に訴え 千葉小4死亡

栗原心愛さんが父親からの暴力被害を訴えた学校アンケートの回答の写し
栗原心愛さんが父親からの暴力被害を訴えた学校アンケートの回答の写し

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が自宅で虐待死したとされる事件で、心愛さんが県柏児童相談所の一時保護中、父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=に下着を下ろされたと訴え、医師が性的虐待の疑いがあると診断していたことが14日、分かった。県は「父親によるわいせつ被害が疑われる行為を柏児相がどう評価していたかは、事件を検証する第三者委員会の重大な検証事項と受け止めている」としており、対応が適切だったか検証を進める方針。

 関係者によると、心愛さんは一時保護されていた平成29年11~12月、面談した医師らに「夜中にパパに起こされ、『窓の外に誰かいるから見てこい』と言われ、見に行くとパパが急にズボン下ろしてきた。パンツも脱げて『やめてよ』と言ってすぐに服を上げたら、『そんなこというとバレるだろ』と言われた」と話したという。

 心愛さんを診断した医師は身体的な虐待に加え、性的な虐待の疑いがあると診断。これらを理由に、心愛さんが心的外傷後ストレス障害(PTSD)の状態にあるとする所見をまとめた。

 ただ、柏児相はこうした事実が分かった約2週間後の同年12月27日の援助方針会議で、父方の親族宅での生活を条件に一時保護の解除を決定。さらに翌30年2月28日の援助方針会議で心愛さんを自宅に戻す決定をした。

 県の虐待対応マニュアルでは、性的虐待の疑いは保護の緊急性を高くすべきケースに当たるが、県関係者は「心愛さんの訴えは1回だけだったため、重く受け止められなかった可能性がある」としている。

 県の第三者委員会は柏児相が一時保護を解除した当時の判断が適切だったか関係者への聞き取りを進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ