PR

ニュース 社会

スルガ銀などに賠償請求へ 融資受けた女性、東京地裁

 外食事業会社「コーポレートプランニング」(東京)の幹部から高配当を約束され、元手としてスルガ銀行(静岡県沼津市)から借り入れた現金を詐取されたとして、東京都の20代女性が14日、同社やスルガ銀を相手に損害賠償など計220万円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こす。

 原告側によると、融資を担当したスルガ銀の行員は、女性の年収を4倍以上に水増しして審査するなどの不法行為があり、コーポレート社の幹部らと通じていたと主張。スルガ銀が使用者責任を負うとしている。

 訴状によると、女性は平成30年、インターネットの婚活アプリで知り合ったコーポレート社を経営する男性に好意を寄せ、男性から紹介された同社幹部から「お金を預けてくれたら投資で増やし、毎月高配当を行う」と持ち掛けられた。女性はスルガ銀から借りた200万円をコーポレート社名義の口座に振り込んだが、配当は一度もなく、運用された形跡もないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ