PR

ニュース 社会

渋谷ハロウィーン、路上飲酒禁止へ

 昨年10月のハロウィーンで酒に酔った人によるトラブルで逮捕者が続出したことを受け、東京都渋谷区が設置したハロウィーン対策検討会が、渋谷センター街など路上での飲酒を禁止する条例を制定するよう区に提言する方針を決めたことが13日、分かった。今後、検討会で違反者への罰則規定などを盛り込むか議論する。

 飲酒を禁止するエリアは、渋谷センター街を中心にスクランブル交差点など。規制する期間はハロウィーン(10月31日)直前の金曜日から11月1日と、年越しカウントダウンで混雑する12月31日~1月1日。区は条例案を6月区議会に提出する方針で、今年のハロウィーンまでに適用したいとしている。

 昨年のハロウィーンで区はコンビニ店などに瓶に限って酒の販売を自粛するよう要請。検討会は、冷蔵された酒の入った瓶のみが対象だった販売自粛を、常温で瓶や缶に入って販売されている酒にも拡大するか検討する。

 区の担当者は路上飲酒禁止について「ここまで踏み込まざるを得なくなった」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ