PR

ニュース 社会

東京五輪警備へ初の対テロ部隊 警視庁

警視庁が14日に発足させる臨海部初動対応部隊(警視庁提供)
警視庁が14日に発足させる臨海部初動対応部隊(警視庁提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、警視庁は13日、競技会場や羽田空港などがある東京沿岸部でのテロに対処するため「臨海部初動対応部隊」(ウオーターフロント・レスポンス・チーム、WRT)を14日に発足させると発表した。サブマシンガンを携行した隊員らが水上バイクやゴムボートに乗って警備に当たる。

 同庁で五輪に向けた対テロ部隊が発足するのは初めてで、重武装テロに対応する精鋭部隊「緊急時初動対応部隊」(ERT)とともに第6機動隊内に設置。潜水士や小型船舶の免許を保有する隊員が海上で警戒監視に当たり、有事の際はテロリストの上陸や洋上への逃亡を防ぐ。

 これまで配備していた警備艇よりも機動力が高く、浅瀬への接近も可能になる。五輪以外に、外国要人の来日時などの警備でも運用される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ