PR

ニュース 社会

登山道転落は「白バス」か 群馬、無許可運行の疑い

群馬県南牧村で斜面に転落したバス=10日午後5時59分
群馬県南牧村で斜面に転落したバス=10日午後5時59分

 群馬県南牧村で10日に停車中のマイクロバスが登山道付近の斜面から転落し、車内の登山客12人が重軽傷を負った事故で、バスは無許可で有料運行する「白バス」だった疑いがあることが13日、県警への取材で分かった。

 県警は業務上過失傷害容疑で逮捕、送検した茨城県守谷市の運転手、海老原功容疑者(66)について、道路運送法違反(白バス営業)の疑いも視野に捜査する方針。

 転落したバスは事業用の緑ナンバーではなく、白ナンバーだった。道路運送法は国の許可を得ずに乗客から運賃を受け取り、運送事業を営むことを禁じている。海老原容疑者は事故当日、自らのレンタカー会社が所有するバスに登山客18人を乗せて運転していた。県警は11日に会社を家宅捜索しており、乗客との金銭のやりとりがあったかどうかなど運行の経緯を詳しく調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ