PR

ニュース 社会

在留カードを違法に貸し借り 容疑のガーナ人逮捕 神奈川県警

 在留カードを違法に貸し借りしたとして、神奈川県警大和署は9日、入管難民法違反の疑いで、いずれもガーナ国籍で相模原市南区松が枝町の自称会社員、ニャーコ・スティーブン・アピア容疑者(29)を逮捕し、同県座間市相模が丘の無職、フィ・ジョンソン・コフィ被告(41)=同法違反(不法残留)の罪で起訴=を再逮捕したと発表した。アピア容疑者は容疑を否認し、コフィ容疑者は認めている。

 逮捕容疑は平成29年5月上旬ごろ、アピア容疑者が自宅でコフィ容疑者に自己名義の在留カードを貸し、同月10日、コフィ容疑者が同県小田原市内の会社事務所で、継続して働くためにカードを提示したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ