PR

ニュース 社会

地面師事件で詐欺認める 土地所有偽装の女ら初公判

 積水ハウスが架空の取引で地面師グループに土地購入代金をだまし取られた事件で、土地の所有を偽装したとして、詐欺などの罪に問われた羽毛田正美(64)、常世田吉弘(67)、秋葉紘子(75)の3被告は8日、東京地裁(石田寿一裁判長)の初公判で、いずれも起訴内容を認めた。一連の事件の公判は初めて。

 起訴状によると、3人は共謀し昨年3~6月、東京都品川区にある土地の所有者を装い、積水ハウスから購入代金をだまし取ったとしている。

 事件をめぐっては、警視庁が男女計17人を逮捕。このうち、主犯格とされるカミンスカス操被告=東京都港区=ら10人が詐欺などの罪で起訴されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ