PR

ニュース 社会

日航、全国の空港で搭乗システムにトラブル 運航に遅れ

 日航の旅客システムに不具合が発生したことを伝えるモニター=8日午前8時32分、羽田空港
 日航の旅客システムに不具合が発生したことを伝えるモニター=8日午前8時32分、羽田空港
その他の写真を見る(1/2枚)

 8日朝、羽田や大阪など全国の空港で、チェックインや搭乗手続きをする日本航空の旅客システムに不具合が発生した。機器を使った一部の手続きができなくなったため、日航便の運航に10~20分程度の遅れが出ている。

 ネットワーク障害によるものとみられるが、詳しい原因は分かっていない。復旧のめどは立っておらず、遅れは拡大する恐れがある。

 日航によると、午前6時50分ごろから、自動チェックイン機での手続きや、チェックイン手続きをせずカードやスマートフォンを機器にかざして保安検査場に進める「タッチ&ゴー」のサービスが利用できなくなった。搭乗客には有人カウンターで対応しており、手続きに普段より時間がかかっているいう。

 手荷物の預け入れなど、他の手続きには影響は出ていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ