PR

ニュース 社会

皇居周辺に飛行物体 法整備もドローン「完璧に防ぐことは困難」

皇居前広場では、翌日の一般参賀のために警察官が準備をしていた=3日午後、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
皇居前広場では、翌日の一般参賀のために警察官が準備をしていた=3日午後、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)

 東京都千代田区の皇居周辺など都内の広い範囲で2日夜、ドローン(小型無人機)のような物体が飛行しているとする目撃情報が相次ぎ、警視庁は3日、不審な機体が落下していないか捜索を実施した。皇居周辺の飛行を原則禁止したドローン規制法や、人口密集地や夜間の飛行を原則禁じた航空法に違反している疑いがあるとみて、機体の形状や操縦者の特定を急ぐ。

 捜査関係者によると、目撃情報は2日午後8時ごろの皇居周辺を皮切りに、赤坂御用地(港区)周辺などからも寄せられ、同10時半ごろまで続いた。光を点滅させながら飛行していたという。これまでに、落下などによる人的な被害は確認されていない。

 同庁は目撃情報などを精査し、皇居周辺や赤坂御用地周辺で目撃された飛行物体はドローンの可能性があると判断。天皇陛下のご即位を祝う4日の一般参賀を控え、厳戒態勢を敷くとともに近隣を捜索した。

 平成から令和へと変わって間もない2日夜、皇居周辺などでドローンのような飛行物体が相次いで目撃された。首相官邸の屋上に落下した事件などを契機に法規制が進み、警察当局にはドローンの捕獲などが可能な装置が配備されたが、厳戒態勢の中で不審物体に接近された格好だ。10月に天皇、皇后両陛下がオープンカーでパレードする儀式があり、東京五輪・パラリンピックも来年に迫る中、ドローン対策の難しさが改めて浮き彫りになった。

 「ドローンじゃないか」。2日午後8時ごろ、一連の皇室関連行事の警備のため、皇居周辺を警戒していた機動隊員から声が上がった。目線の先にあったのは、光を点滅させながら移動する不審な飛行物体。同様の目撃はそれから数時間、都内の広範囲で相次いだ。「情報収集に努めている」。同時多発的に寄せられた目撃に、捜査幹部らは慌ただしくそう話した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ