PR

ニュース 社会

朝日・阪神支局襲撃32年 「記者の無念、語り継ぐ」

朝日新聞阪神支局に設けられた拝礼所で小尻知博記者の遺影に手を合わせる女性=3日午前、兵庫県西宮市
朝日新聞阪神支局に設けられた拝礼所で小尻知博記者の遺影に手を合わせる女性=3日午前、兵庫県西宮市
その他の写真を見る(1/2枚)

 兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局に散弾銃を持った男が押し入り、記者2人が殺傷された事件は3日、発生から丸32年となった。支局には、犠牲となった小尻知博記者=当時(29)=の遺影が飾られた拝礼所が設けられ、訪れた市民らは冥福を祈るとともに、言論の自由に思いをはせた。

 市民や関係者らが朝から続々と訪れ、笑顔を浮かべる小尻記者の遺影の前に立つと、静かに花を手向け、手を合わせた。血が染みこんだ小尻記者の上着や銃撃の痕が残ったペンなどが並ぶ資料室も公開された。

 事件の1年前に小尻記者から受けた取材をきっかけに、動物保護の活動を始めた大阪府茨木市の吉川恵子さん(61)は「優しい人柄が表れていた小尻さんの記事が好きだった。考えを自由に言い合える社会をつくるためにも、記者の無念を語り継ぎたい」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ