PR

ニュース 社会

全日空機、エンジン異常 中部空港に急きょ着陸

 1日午後7時50分ごろ、羽田発熊本行きの全日空649便(乗客252人、乗員8人)が名古屋市上空を飛行中、左側のエンジンの振動が異常値を示したため目的地を変更し、午後8時半ごろ、中部空港に着陸した。

 全日空によると、けが人はおらず、機体に損傷もない。同社が原因を調べている。乗客の多くは空港で一夜を過ごし、2日に別の機体で熊本まで移動する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ