PR

ニュース 社会

他人の保険証所持の男を調べず解放 神奈川県警、巡査を処分

 占有離脱物横領の疑いがある事件を適切に処理しなかったとして、神奈川県警監察官室は26日、いずれも県警川崎署に勤務する男性巡査(26)を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にしたうえで犯人隠避容疑で書類送検し、当日行動をともにしていた男性巡査(25)を本部長注意、監督する立場の男性警部補(43)を本部長訓戒にしたと発表した。

 同室によると、懲戒処分を受けた巡査は昨年10月上旬、京急川崎駅前のインターネットカフェから「無銭飲食をした男がいる」などと連絡を受け、取り調べたところ、男が身分証として使用していた保険証が他人名義のものであることが発覚。本来は占有離脱物横領の疑いで捜査しなければならないにもかかわらず、適切な処理をせずに保険証を男に返したうえで同日中に身柄を解放していた。

 巡査はそれまで同じような事件を取り扱ったことがなく、取り調べに対して「自分で処理するのが面倒だった」と供述しているという。寺沢陽公同室長は「職員に対する指導教養を徹底する」とのコメントを発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ