PR

ニュース 社会

用水路で村議死亡、富山・舟橋

 23日午前7時20分ごろ、富山県舟橋村海老江の用水路内で、近くに住む舟橋村議の明和善一郎さん(71)が倒れているのを家族が見つけて110番通報した。警察と消防がその場で明和さんの死亡を確認した。

 上市署によると、用水路は幅約140センチ、深さ約45センチで、当時水深は約10センチだった。明和さんは早朝から自宅近くの田んぼで作業。近所の男性に「用水路にごみがたまっている」と話していた。近くに金属製の棒があり、同署はごみを取り除こうとして転落した可能性もあるとみて、詳しい死因や状況を調べている。

 舟橋村によると、明和さんは3期目。21日投開票の選挙に立候補せず、引退を決めていた。任期は29日までだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ