PR

ニュース 社会

小3女児横断歩道ではねられ、1人死亡、1人重傷 千葉・木更津 軽乗用車の男を逮捕

小学生の女児2人がはねられた横断歩道。奥ははねた軽乗用車=23日午前9時20分ごろ、千葉県木更津市江川(橘川玲奈撮影)
小学生の女児2人がはねられた横断歩道。奥ははねた軽乗用車=23日午前9時20分ごろ、千葉県木更津市江川(橘川玲奈撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 23日午前7時15分ごろ、千葉県木更津市江川の県道交差点で、横断歩道を渡っていた同市立岩根小3年のいずれも8歳の女子児童2人が軽乗用車にはねられ、1人が死亡し、もう1人も重傷を負った。

 県警木更津署は同日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、軽乗用車を運転していた同市請西東(じょうざいひがし)の自称アルバイト、高山登容疑者(49)を現行犯逮捕した。高山容疑者は調べに対し、「ぼーっとしていて信号を見ていなかった」と容疑を認めている。

 同署によると、現場は片側2車線の見通しの良い直線道路。女児2人は登校中で青信号の横断歩道を渡っているところだったという。同署は容疑を過失運転致死に切り替え、事故原因などを調べる方針。

 事故を目撃し、119番通報した女性は「車は赤信号で止まらず、横断歩道を渡り始めていた女児2人をはねた。119番通報した時点で女児のうち1人は意識がなく、『救急車が来るから頑張って』と2人に声をかけた」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ