PR

ニュース 社会

「黙ってた思いを言いたい」 NGT48山口さんの“卒業論文”全文

“卒業”の言葉を読み上げるNGT48の山口真帆さん=21日、新潟市中央区@AKS
“卒業”の言葉を読み上げるNGT48の山口真帆さん=21日、新潟市中央区@AKS
その他の写真を見る(1/7枚)

 ちょっと待ってください。

 私、山口真帆はNGT48を卒業します。

 きょうはちゃんと紙に書いてきたので、いままで黙ってきた思いを言いたいと思います。

 私はアイドル、そしてこのグループが大好きでした。だからこそ、このグループに変わってほしかったし、自分がつらかったからこそ、同じ仲間たちに同じ思いをしてほしくないとすべてを捨てる覚悟で取った行動でした。

 事件のことを発信した際、社長には「不起訴になった。事件じゃないってことだ」と言われ、そしていまは「会社を攻撃する加害者だ」とまで言われていますが、ただメンバーを守りたい。まじめに活動したい。健全なアイドル活動ができる場所であってほしかっただけ。何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました。

 「目をそらしてはいけない問題に対して、そらさないならやめろ」。新生NGTを始められないのがこのグループの答えでした。だけど、この環境を変えなければ、また同じことが繰り返されると思い、きょうまでずっと耐えて、最善を尽くしましたが、私にできたことはほんの少しでした。

 私には人の命より大切なものが何か分かりません。大切な仲間たちが安全にアイドルをできる毎日になってほしいと心から願っています。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ