PR

ニュース 社会

「できること卒業しかない」 NGT48暴行被害の山口真帆さんが舞台で発表

NGT48の「チームG」最終公演に出演した山口真帆さん=21日午後、新潟市((c)AKS) 
NGT48の「チームG」最終公演に出演した山口真帆さん=21日午後、新潟市((c)AKS) 
その他の写真を見る(1/3枚)

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」が21日午後、新潟市中央区のNGT48劇場で「チームG」の公演を行い、自宅で暴行被害に遭った山口真帆さん(23)が3カ月ぶりにステージに立った。山口さんはアンコールの後、「人の命より大切なものが何か分かりません。いまの私にNGT48のためにできることは卒業しかありません」と発表した。

 長谷川玲奈さんと菅原りこさんも卒業を発表。いずれも卒業公演は5月18日になるという。

 暴行事件発覚後初めてとなるチーム公演の演目は「逆上がり」。チームGの副キャプテンを務める山口さんは、白いブラウスに紺色のベスト、ミニスカート姿で登場し、ほかのメンバーとともに歌や踊りを披露。ファンから熱い声援を受けた。

 自己紹介の場面では「この度はご心配をおかけして申し訳ありません」と一連の騒動について謝罪した上で、「チームGのメンバーになれて本当によかった。最後の公演を楽しんで、忘れられない公演にしたい」と話した。

 21日には午後0時半から、NGT48の「チームNIII」の公演も同劇場で行われた。公演冒頭でNGT48劇場支配人の早川麻依子氏が「今回の事件、そして事件後の運営の対応の不備により、大きく信頼を裏切る形となってしまったことを心よりおわびする」と、一連の騒動を謝罪した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ