PR

ニュース 社会

神戸市営バス暴走事故 女子大生ら2人死亡

事故があった現場。奥には事故を起こしたバスが止まっている=21日午後4時12分、神戸市中央区(須谷友郁撮影)
事故があった現場。奥には事故を起こしたバスが止まっている=21日午後4時12分、神戸市中央区(須谷友郁撮影)

 21日午後2時ごろ、神戸市中央区布引町のJR三ノ宮駅北側の兵庫県道で、神戸市営バスが赤信号の先の横断歩道に突っ込み、歩行者を次々とはねた。兵庫県警葺合(ふきあい)署によると、同県明石市の大学3年、柳井梨緒(やないりお)さん(20)と神戸市須磨区のアルバイト、那須勇成(ゆうせい)さん(23)の男女2人が死亡、20~50代の男女6人が重軽傷を負った。

 同署は自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで市交通局の運転手、大野二巳雄(ふみお)容疑者(64)を現行犯逮捕。「ブレーキを踏んでいたが急発進した」と供述しており、同署が詳しい事故原因を調べている。

 現場は神戸市の繁華街で、JR三ノ宮駅北側のロータリーと阪急神戸三宮駅前を結ぶ東西の横断歩道。同署などによると、バスは神戸北町発三宮駅ターミナル前行きで、乗客は現場手前の地下鉄三宮駅前停留所で全員降りた。その後、駅南側の終点へ向かおうとしたバスが阪急電鉄の高架下横断歩道に突っ込み歩行者をはねたという。

 市交通局は同日夕に記者会見し、内藤直樹自動車部長が「重大な事故を起こし心からおわびします」と謝罪。市交通局によると、大野容疑者には糖尿病の持病があったが、朝の点呼で異常は確認できなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ