PR

ニュース 社会

山形新幹線が小動物はねる けが人なし、30分遅れ

 21日午後2時35分ごろ、山形県上山市のJR奥羽線の羽前中山-かみのやま温泉間で、東京発新庄行きの山形新幹線つばさ137号(7両編成)が小動物をはねて停車した。乗客乗員にけがはなく、約30分後に運転を再開した。

 JR東日本によると、小動物は、はねられた後に姿を見せず、種類は不明。普通列車と合わせて計約480人に影響した。山形新幹線は在来線と同じ区間を走るミニ新幹線。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ