PR

ニュース 社会

和歌山城内で賽銭箱燃える、不審火か

 19日午後9時15分ごろ、和歌山市の和歌山城内の二の丸庭園で、小型の賽銭(さいせん)箱が燃えているのを通行人の男性が発見。火は男性により消し止められたが、賽銭箱は全焼した。和歌山西署は不審火の疑いがあるとみて今後、近くの防犯カメラの映像を解析するなどして詳しい原因を調べる。

 同署によると、焼けた賽銭箱は木製。縦17センチ、横26センチ、高さ17センチほどで、現金も入っていたという。近くには別の賽銭箱もあったが、無事だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ