PR

ニュース 社会

靴や買い物袋散乱…目撃の男性「あまりに凄惨な現場」 東京・池袋の交通事故

東京都豊島区南池袋で起きた事故で、現場検証する捜査員ら=19日午後、東京都豊島区(佐藤徳昭撮影)
東京都豊島区南池袋で起きた事故で、現場検証する捜査員ら=19日午後、東京都豊島区(佐藤徳昭撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 東京・池袋で19日午後に発生した交通事故は、80代の男性が運転する乗用車が2カ所の横断歩道で計10人をはねたとみられる。事故直後に現場を目撃した、現場近くに住む男性会社員(43)は「付近には靴や買い物袋が散乱していた」と振り返った。

 男性は、けたたましいサイレンの音を聞いて大通りの交差点に向かったという。横たわっている負傷者らに消防隊員が駆け寄って助けており、横断歩道から離れた所には、原形をとどめない自転車が倒れていた。

 付近には通行人ら30~40人の人だかりができていたが、「あまりに凄惨(せいさん)な現場」(男性会社員)で、周囲は沈黙に包まれていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ