PR

ニュース 社会

京丹後市職員を停職処分 児童ポルノ公開

 京都府京丹後市は19日、インターネット上で児童ポルノの動画を公開したとして、建設部管理課の男性課長補佐(50)を停職3カ月の懲戒処分とした。同日付で依願退職した。

 市によると、課長補佐は自宅のパソコンに、ダウンロードした動画を所持。昨年3月にファイル共有ソフトを使ったところ、インターネット上で閲覧可能な状態になった。

 今年3月、京丹後区検から事情聴取を受けていると上司に報告して発覚。その後、児童買春・ポルノ禁止法違反の罪で京丹後簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。既に納付している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ