PR

ニュース 社会

神戸山口系組長、路上で刺される、対立組織の2人逮捕

与則和組長が刺されたとみられる現場の商店街=神戸市中央区
与則和組長が刺されたとみられる現場の商店街=神戸市中央区
その他の写真を見る(1/2枚)

 18日午前0時5分ごろ、神戸市中央区筒井町の商店街で、「一緒にいた男性が刺された」と女性から110番があった。兵庫県警葺合署によると、男性は指定暴力団神戸山口組傘下組織の与(あたえ)則和組長(65)=同市灘区=で、左肩や右尻などを刺され重傷。命に別条はないという。

 県警は与組長を包丁で刺したとして、殺人未遂容疑で、ともに対立組織の山口組傘下組織組員、呉光弘(56)と、堀田幸弘(52)の両容疑者を逮捕した。県警は組織的犯行の可能性もあるとみて捜査している。

 県警によると、両容疑者は飲食店を出て女性と2人で歩いていた与組長を背後から刺した後、レンタカーでいったん逃走したが、約1時間後に近隣の灘署に出頭した。レンタカーからは凶器とみられる刃渡り21センチの包丁が見つかったという。

 現場は阪神電鉄春日野道駅の北約100メートル。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ