PR

ニュース 社会

死んだ豚を無許可焼却疑い 養豚業者書類送検、愛知

 愛知県警津島署は17日、2月に死んだ豚を無許可で焼却したとして、廃棄物処理法と化製場法違反の疑いで、同県愛西市の養豚業の男性(60)を書類送検した。「10年ぐらい前から計約千頭を焼却した。(処理施設への持ち込みに必要な)獣医師の診断を受けるのが面倒だった」と供述している。

 愛知県では2月中旬までに豊田市や田原市の養豚場で豚コレラ感染が確認されており、県は豚に異常が見られた場合は速やかに報告するよう、養豚業者に求めていた。

 書類送検容疑は2月18日、県の許可を受けずに、死んだ豚15頭前後を養豚場内で焼却した疑い。

 県が翌19日に養豚場の10頭に対して遺伝子検査を行い、陰性を確認した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ