PR

ニュース 社会

「評価変わっていない」 NGT48暴行事件 契約更新保留のまま 新潟県知事

(前列左から)柏木由紀、中井りからNGT48のメンバー=東京都文京区の東京ドームシティホール(福島範和撮影)
(前列左から)柏木由紀、中井りからNGT48のメンバー=東京都文京区の東京ドームシティホール(福島範和撮影)

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」が2チーム制を解消することについて、花角英世新潟県知事は17日の定例会見で「(NGT48への)評価はまだ変わっていない」とし、同グループとの広告契約の更新保留を続ける考えを示した。メンバーの山口真帆さん(23)が暴行被害に遭った事件をめぐり県は「事態は収束していない」として、今秋に県内で開催される「国民文化祭」のスペシャルサポーターを務めていた同グループとの契約について平成31年度の更新を保留していた。

 NGT48は今月11日、現在の2チーム制を廃止し、両チームの千秋楽公演(最終公演)をNGT48劇場(新潟市中央区)で21日に行うと発表。運営会社「AKS」(東京都)は「再スタートを切りたい」としていたが、花角知事はこの日の会見で同グループへの評価を聞かれ「まだ変わっていない。判断を保留し、様子をみたい」と答えた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ