PR

ニュース 社会

弘南鉄道大鰐線で脱線 青森・弘前、乗客にけがなし

 14日午後6時50分ごろ、青森県弘前市の弘南鉄道大鰐線で、走行中の列車が脱線した。乗客10人と運転士にけがはなかった。

 国土交通省などによると、列車は中央弘前発大鰐行きの2両編成。中央弘前-弘高下間を走行中に、運転士が衝撃を感じたため停止した。確認したところ、先頭車両で車輪の左右2個が線路から外れていたという。 現場は弘高下駅の手前約250メートルで左カーブの地点。列車は右側にそれて脱線していた。この列車を含め上下8本が運転を見合わせた。

 運輸安全委員会は鉄道事故調査官2人を15日に現地に派遣し調査する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ