PR

ニュース 社会

「絶対的権力、逆らえず」 元駐イラン大使を刑事告訴した元部下女性

取材に同席した平岩佑彦弁護士=14日午後、東京・東新橋
取材に同席した平岩佑彦弁護士=14日午後、東京・東新橋

 駐イラン大使だった駒野欽一氏(72)に2012年、テヘランの大使公邸でキスされたなどとして、強制わいせつ容疑で警視庁に刑事告訴した元部下の女性が14日、共同通信の取材に応じ「大使には絶対的な権力があって逆らえなかった。外務省が公表しないので告訴した」と話した。

 告訴状などによると女性は外務省入省後、12年6月に在イラン日本大使館に着任。駒野氏は大使離任直前の同10月14日、公邸で女性に抱きつき頬にキスしたとされる。告訴状では胸なども触られたと主張している。

 外務省は13年2月、セクハラ行為があったとして駒野氏を口頭注意。しかし女性は精神的な苦痛が残り、さらに駒野氏が17年に日本とイランの友好促進を図る協会の会長に就任したことにショックを受け、急性ストレス反応と診断された。

 女性は今年1月、駒野氏の行為の公表や処分を求めたが、外務省は駒野氏が既に退職して私人となっているとして応じなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ