PR

ニュース 社会

大麻所持の男2人を逮捕 部屋からはコカイン? 神奈川県警

 大麻を所持したとして、神奈川県警薬物銃器対策課は12日、大麻取締法違反容疑で、住所不詳、無職の小島雅史容疑者(34)と東京都世田谷区松原の清掃業、知公伸紘容疑者(33)を逮捕したと発表した。いずれも容疑を否認している。

 小島容疑者の逮捕容疑は11日午後3時半ごろ、東京都目黒区のマンションの一室で、ポリ袋入りの大麻約12グラムを所持し、氏名不詳者と共謀のうえ、営利目的で同日午後6時50分ごろ、同マンションの一室で、大麻約1300グラム(末端価格約650万円)などを所持したとしている。両容疑者の逮捕容疑は氏名不詳者と共謀のうえ、昨年10月23日ごろ、同葛飾区のマンションの一室で、大麻約1・4グラムを所持したとしている。

 同課によると、小島容疑者は都内のマンションを倉庫代わりにして大麻を密売していたとみられている。目黒区のマンションの室内からはコカインや合成麻薬「MDMA」とみられる粉末や錠剤もみつかっており、同課は背後関係を含めて捜査を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ