PR

ニュース 社会

特殊詐欺に使用の名簿を入手の男 詐欺幇助容疑で逮捕 神奈川県警

 詐欺に使用されると知りながら、入手した名簿を特殊詐欺グループに譲り渡したとして、神奈川県警特殊詐欺対策室は11日、詐欺幇助(ほうじょ)容疑で、ガールズバー店長の宝川勇士容疑者(27)=東京都文京区音羽=を逮捕したと発表した。認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は昨年9月上旬ごろ、都内で詐欺に使われると知りながら、被害者に電話をかけるための卒業生名簿を入手して、特殊詐欺グループに譲り渡すなどし、犯行を手助けしたとしている。

 同室によると、宝川容疑者は特殊詐欺に使われる名簿の調達役で、都内で名簿を取り扱う業者から、堺市に住む80代の無職男性の長男が通っていた大阪府内の高校の名簿を入手していた。

 同室はすでに、この男性から現金2500万円をだまし取ったとして、詐欺などの容疑で東京都江戸川区西葛西の無職、石田将大被告(29)=詐欺罪などで公判中=ら男5人を逮捕していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ