PR

ニュース 社会

【心愛さんをなぜ救えなかったのか】母親、長期間DVで判断できず

 ■お茶の水女子大名誉教授・戒能民江氏(74)

 --ジェンダー法学の専門家としてDV(ドメスティックバイオレンス)防止法などにも携わってきた経緯から、千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が死亡した事件についてどう考えるか 

 「まず野田市に転居する前に住んでいた沖縄県糸満市で身近な親族から『母親が恫喝(どうかつ)されている』と相談があったにも関わらず、市が対応しなかったことが非常に残念だ。間接的にでも状況が分かっている人からなぜ十分に聞き取りをしなかったのか。(聞き取りをすれば)母子一緒に保護することもできたはずなのに市の理解が不十分だと感じる。親族も無力感を感じただろう。経緯をきちんと検証する必要がある」

 --DVの被害者だったはずの母親が心愛さんを虐待する加害者になってしまったのはなぜか

 「父親は殴る蹴るの暴力はもちろん、人間関係をつくらせないなどの行動規制で母親を孤立させ、コントロールしていたと考えられる。心愛さんが生まれた頃からDVがあったと考えれば、約10年間の長期に渡り母親は完全に支配されていたことになる」

 「長期間DVを受け続けると人は自ら考えることにも蓋をされ、正しい判断を下すことが難しくなる。相手の言うことが正しいと思い込み、反発せず、自分が生き延びることができる方を自然と優先する。一見、異常にも感じるが、当たり前の反応だといえる」

 「このような構造は他のDVのある家庭ともかなり共通している。また父親は妻子や学校など立場の弱い相手を選んで高圧的な態度を取り、DVや虐待の事実を全く外部に出さない典型的な現代型加害者といえる」

 --千葉県のDV防止・被害者支援基本計画策定検討委員会の委員長も務めた経験から、同県内のDVや虐待の状況をどう考えるか

 「千葉はとても広くて地域性もさまざま。都心に近い都市部から外房、内房などの農漁村までさまざまな地域が混在している。千葉だけではないが、昔の農村地帯のようなところでは周囲が知り合いばかりで、問題を誰にも相談できずに抱えてしまう人も多く存在する。市や町への相談件数が少ないからといってDVや虐待が存在していないわけではない」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ